​なぜ、評価が必要なのか?

​姿勢が体にどのような影響を及ぼしているか考えた事がありますか?

つの評価

トレーニング

​ IN BODY

​2

4方向からの全体写真と体重分布を示す足センサーの情報を数値化します。数値化したデーターから分析を行い。身体のバランスが保たれているか評価します。

In Bodyはいろんな事が調べられます。

​体重、筋肉量、体脂肪量、体脂肪率BMI、体型チェック、腹囲、内臓脂肪数、部位別筋肉バランス、筋肉発達度、基礎代謝量、適正体重、等

​まず、『自分を知る』事か始めましょう。

​動的評価

​3

“動作”を観察することにより、動きの中での全体的なバランスの評価を行います。

 動き偏っていると、全ての動作は不完全でケガのリスクが高まります。動きの中の観察で何処でバランスを崩しているか、何が足りないか、アドバイスさせて頂きます。

・頭が前に出ていている人

・顎が上がっている人

・なで肩

・骨盤後傾

​・頸部筋群の過緊張

・ストレートネック

​・脊椎の湾曲減少

・可動域制限が著名

・ハムストリング・臀筋の短縮

・骨盤後傾

・下腹部の筋肉の硬直

・内臓障害

・骨盤の前傾増強

・腹筋の弱化

・臀部・腰背部筋群の過緊張

・内股傾向

・腰椎すべり症の危険性

・フォワードヘッドと反り腰
・骨盤が前傾
・ひざは反っている
・腰と腿の表側の筋肉が短く硬くなっている。

・つま先重心